スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[CNET Japan] 開発環境を中心に展示したWILLCOMコアモジュールフォーラム--CEATEC JAPAN 2007

 いくらウィルコムがW-SIMで通信部分と端末部分を分離したからといって、開発したばかりの端末にW-SIMを挿してウィルコム網に接続するのはリスクが高い。それに代わるシステムが必要だ。このようなW-SIMに対応した端末やミドルウェア、通信網をエミュレートするための技術展示が数多く行われていたのが「WILLCOMコアモジュールフォーラム」のブースだ。ソフィアシステムズは開発プラットフォームを展示 ソフィアシステムズは、WILLCOM SIM STYLEでのアプリケーション開発効率を上げる開発プラットフォームを展示。Linux、Windows CEなど各種OSに対応している。ターゲットボードと呼ばれる、W-SIM対応のハードウェアをエミュレートしたボードでアプリケーションを動作させることで、問題点やバグを端末に実装する前に見つけ出せる。評価キットを提供するネットインデックス ネットインデックスが展示していた「W-SIM インターフェイス評価キット」は、開発中のSIM STYLEの基本動作を、ウィルコムの公衆網に接続することなく確認できるキット。W-SIMの装着から発着信までのシミュレーションがPCで可能だ。 NECシステムテクノロジーも同様のエミュレータ「W-SIMエミュレータ(仮称)」を展示。電源のオン、オフや、W-SIMの抜き差し、ATコマンドの解析などが行える。W-SIM用ライブラリで開発工程を短縮するシンビー W-SIMは端末を作りやすくしたといわれるが、アプリケーション開発のハードルはまだ高い...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。