スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5分で分かる、今週のモバイル事情

9月22日~9月28日::2007年度の下半期が始まる10月1日を前に、各種サービスなどの発表が相次いだ9月最終週。アイピーモバイルは携帯事業免許の返上はしないと発表したものの、今後の事業計画などは示せず、先行きに不透明さを残した。

●アイピーモバイル、会長が取締役4人を解任、携帯事業免許は返上せず

 アイピーモバイルは9月28日、記者会見を開いて同社の事業の現状を説明した。会見に出席した同社代表取締役社長の竹内一斉氏は、携帯電話事業の免許返上は現段階では考えていないこと、事業立ち上げへ向けて、これまでと変わらず必要な作業を進めていることを明言したが、森トラスト側から、アイピーモバイル会長であり、森トラストと株式を取得する契約を結んだ杉村五男氏の要請に基づいて、臨時株主総会の招集を請求され、現取締役の退任と新取締役の選任を提案されたことも明らかになった。

 アイピーモバイルは、2007年11月9日までにサービスを開始することを条件に、2005年11月、2GHz帯を利用するTD-CDMA方式の携帯電話事業の免許を取得。2007年4月まで、筆頭株主のマルチメディア総合研究所を中心に事業を進めてきたが、その後森トラスト、米NextWave Wireless、森トラストと、筆頭株主が次々と移動し、現在森トラストが所有する株式は、会長の杉村五男氏に譲渡する契約が締結されているといい(株式には譲渡制限があり、取締役会の承認が必要なため、名義の変更は行われていない)、経営は混迷を極めている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。