スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDDI、11月にau携帯の端末価格を上げて通話料を下げるプランを追加



日本経済新聞社の報道によると、KDDIが「1円携帯」などの格安端末を実現している反面、同じ端末を長く使うユーザーに不公平感が生まれている販売奨励金を見直し、端末価格を上げる代わりに通話料を下げるプランを11月から新しく追加するそうです。

従来の販売奨励金制度と比べてメリットがあるのかどうかは人によって変わりますが、少なくとも通話する機会が多い人には朗報かもしれません。

詳細は以下の通り。
KDDI、携帯通話料3割下げ・端末は2万円高、新体系を11月に追加

この記事によると、KDDIが自社の携帯電話ブランド「au」において、携帯電話端末の価格を引き上げる代わりに通話料金を安くする新しい料金体系を導入するそうです。

これは従来通話料から回収してきた携帯電話の販売奨励金を見直すことで、標準プランで端末価格を2万円程度高くする一方、通話料金を現行の30秒14円から約3割安くするというもの。

すでにGIGAZINEでドコモが今冬の905iシリーズ発売に合わせて販売奨励金制度を見直し、料金プランを2本立てにするということを取り上げましたが、auの方が先行することになりそうですね。

・関連記事
KDDI、大好評だったINFOBARの後継機種「INFOBAR2」を発売 - GIGAZINE

au_one/" target="_blank">KDDI、Gmailを採用した容量2GBの「au one メール」サービスを開始 - GIGAZINE

KDDI、au携帯の家族間通話無料や端末の割賦販売を検討 - GIGAZINE

au_daredemo/" target="_blank">KDDI、いきなり基本使用料が半額になる「誰でも割」を発表 - GIGAZINE

KDDI、年内にも料金定額制のデータ通信サービスを導入へ - GIGAZINE

記事全文へ

(引用 livedoorニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。