スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新機種発表目前──2006年モデルが首位になる珍事も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000002-zdn_m-mobi
携帯販売ランキング(10月1日~10月7日):そろそろ秋冬商戦向けとなる新機種が発表される時期になった。それを反映したためか販売ランキングの動きもやや激しくなり、予想外の端末が売り上げを伸ばす事態にもなっている。さて、今回の販売ランキングはどんな結果になっただろうか。

【表:携帯販売ランキング】

●「らくらくホン」が首位に返り咲き──“BRAVIAケータイ”が初ランクイン

 今回のドコモ販売ランキングは、やや大きな順位の変動があった。

 首位は富士通製のユニバーサル携帯「FOMAらくらくホンIII」が獲得。敬老の日商戦が終わり、需要が減ると思われた本端末だが、再び首位に返り咲いたことに驚かされる。

 前回、初の首位に立った富士通製のワンセグ端末「F904i」は1つ下げて2位に、続いてシャープ製の「SH904i」(前回2位)が3位にランクイン。なお今回のランキングは顔ぶれこそ大きく変わらないが、すべての機種で順位の変動があった。

 ワンセグ搭載端末は、F904i、シャープ製の「SH704i」「SH903iTV」、そしてソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO903iTV」の計4機種がランクインした。ドコモのワンセグ端末は同他機種よりやや高い傾向があるが、発売からしばらく経過した10月に入りそれらをかなり値下げする店舗が多くあったためか、F904i以外の機種がそろって順位を上げる動きを見せた。

 なお、ソニーの薄型テレビ“BRAVIA”のブランド名を冠したSO903iTVは、発売タイミングがほかの903iシリーズより遅かったばかりか、904iシリーズ発売後の登場となったせいか、発売直後の販売休止騒ぎがあったためか、それとも販売価格そのものが高かったからか、発表当初の注目度ほどには結果を出せないでいた...

ニュースの続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。