FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速の携帯電話回線を利用した電子広告配信システムを開発

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000002-zdn_ep-sci
 ソフトバンクテレコム傘下のCOMELとバンテンは10月15日、第3世代携帯電話の高速規格「HSDPA」を利用した電子広告配信システムを開発したと発表した。

【拡大画像】

 同システムは、最大通信速度が下り3.6Mbps/上り384kbpsのHSDPA通信網を経由して、広告などのコンテンツをデジタルサイネージ(大型ディプレーを利用した電子看板)へ配信する。2社では、今年3月から福岡市内で展開しているデジタルサイネージサービス「街メディア」で実証実験を行っており、10月から事業化に踏み切る。

 従来の配信は、光ファイバやADSLの固定ブロードバンド回線を利用していたが、HSDPAを利用することで配線の手間が大幅に軽減され、デジタルサイネージの設置の自由度が高まるメリットがある。2社のサービスではソフトバンクモバイルのHSDPA網を利用する。

 2社では、2009年中には1000台を超えるデジタルサイネージの設置を目指すという。

【関連キーワード】 広告 | HSDPA

  シーメンス、3G対応対応のM2M用通信モジュールを発売
  富士通フォーラム 2007 モバイルリポート:先進の携帯電話活用術
  NTTコムとウィルコムがW-ZERO3を使った電子広告サービスを展開
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。