スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5分で分かる、今週のモバイル事情

 10月第1週のモバイル業界は、CEATEC JAPAN 2007の開催やKDDIの新料金「au買い方セレクト」の発表など、何かと話題が多かった。TCAの携帯電話契約数集計によると、ソフトバンクモバイルが5カ月連続で純増1位を記録したことも明らかになった。

●KDDI、新しい携帯端末の購入方法「au買い方セレクト」を11月12日からスタート

 KDDIは11月12日から、携帯端末の販売方法を変更する。新たに導入する「au買い方セレクト」により、新規契約時もしくは機種変更時に、初期費用を抑えて携帯を購入でき、充実したサポートを受けつつ快適に利用可能な“フルサポートコース”、あるいは月々の利用料金を抑えられ、携帯をあまり買い換えないユーザー向けの“シンプルコース”を選ぶことになる。

 フルサポートコースは2年間の利用が条件で、KDDIが購入価格の一部(2万1000円)を補助する「購入サポート金額」制度が使える。「誰でも割」などの定期割引サービスの契約解除料を無料にするほか、「auポイントプログラム」のポイント付与率が2~3.5倍と大幅に向上する。ポイントはフルサポートコースの解除料に充当でき、毎月の支払額が高額なユーザーはポイントが早くたまるため、1年半や1年で容易に機種変更できるしくみを用意した。料金プランは従来と同じものを利用できる。

 シンプルコースは、端末購入時の補助はない代わりに、割り引きサービスの加入なしでも低廉の基本料金、通話料の「シンプルプランL」「シンプルプランS」を選択できる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。