スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動ターゲティング広告 興味を分析、携帯配信へ

 「行動ターゲティング広告」と呼ばれるインターネット広告が注目されている。ネット利用者のアクセス履歴などを参考にして、その人の行動に合わせた広告を携帯電話などを通じて配信する新たな広告手法だ。従来の3倍の広告効果が期待され、“究極の広告”といわれる行動ターゲティング広告は、私たちの生活をどのように変え、解決しなければならない課題は何かを検証した。(黒川信雄)

 雨の日に街を歩くと、携帯電話にメールが届く。「雨が降ってきました。近くのレストランでコーヒーはいかがですか」。また、出張を予定している人には「宿泊予約はお済みですか」と人気のホテルを教えてくれる-。こんな広告配信が近く実現しそうだ。

 KDDI子会社「メディーバ」(東京都港区)は、ネット広告大手のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと共同で、携帯電話向けでは世界初となる行動ターゲティング広告の配信を「au」端末向けに年内にも始める。

 auのポータル(玄関)サイト「au one」でアクセス履歴を端末ごとに蓄積。そのデータから利用頻度の高いサービス分野に関連する広告について、「ゲーム」「音楽」などのジャンルごとに配信する。メディーバの益田敦司メディア戦略部開発グループリーダーは「ランダムに配信してきたこれまでのネット広告に比べ、3倍の効果が期待できる」と期待を寄せる。

 一方、NTTドコモが2年以内の導入を目指す「行動支援型レコメンドシステム」では、利用者が携帯電話に打ち込んだスケジュールに合わせ、その内容に即した商品やサービスの広告や各種情報の配信が可能になるという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。