スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDDI、漆器のような光沢ボディの「W54SA」を発表

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000026-inet-mobi
KDDI、沖縄セルラーは、2007年10月16日、au 携帯電話の秋冬モデルとして、「au one ガジェット」などに対応するハイエンドモデル「W54SA」(三洋電機製)を発表した。

【画像が掲載された記事】

漆器の小箱をイメージしたという「W54A」は、同日発表された「KCP+」「au one ガジェット」「オーディオ機器連携」などに対応するハイエンドモデル。

3インチのワイド VGA 表示 IPS 液晶を搭載し、情報量の多い2画面表示「マルチプレイウィンドウ」や「au one ガジェット」も快適に利用できる。

ダイヤルキーを指先でなぞるだけで PC サイトビューアーなどのスクロール操作や手書き入力ができる「スムースタッチ」を搭載。ノート PC のタッチパッドのような操作感を実現する。

このほか「EV-DO Rev.A」に対応するほか、有効318万画素カメラ、microSD カード、EZ FeliCa、グローバルエキスパート、でか文字、災害時ナビなどの機能を備えている。



■関連キーワード
KCP+ | au one ガジェット | EV-DO Rev.A

■関連記事
KDDI 統合プラットフォームの最新版「KCP+」が構築完了、秋冬モデル3機種で採用
「待たせない待ち受け」へ~KDDI、「au one ガジェット」12月提供開始
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。