スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「WX320T」用アップデータ公開、拡張高速化サービスに対応

 東芝は10月10日、ウィルコム向けのPHS端末「WX320T」のアップデータを公開した。機能拡張したウィルコムの高速化サービスに対応する。

 そのほか、着信メロディ、保留音、壁紙、Javaアプリなどのメニュー画面からオンラインコンテンツにアクセスできるダイレクトアクセス機能が追加され、通信の安定性と動作の安定性が向上している。

 ソフト更新は端末から行え、その際の通信料は無料。アップデートに要する時間は、ダウンロードに10~20秒、端末内のソフト更新に約15~20分程度かかる。そのほかに、Windows用(対応OS:Windows 2000/XP/Vista)とMacintosh用(対応OS:MacOS 9.2~9.2.2/MacOS 10.2~10.4.1、10.4.3~10.4.10以降)のアップデータを用意した。PCを使った場合のアップデートには、Windowsで約10分、MacOS 9.Xは約20分、MacOS 10.Xで約15分の時間が必要となる。
「WX320T」最新記事一覧
ウィルコム、音声端末向け「高速化サービス」を拡張──体感速度、最大400%高速に
ウィルコム、「WX320KR」「WX320K」の修正ソフトを公開──販売も近日中に再開
日本無線、「WX321J」のアップデータを公開
ウィルコム、アンテナ内蔵のW-OAM対応東芝製音声端末「WX320T」を発表
【ウィルコム】に関連する最新記事はこちら
【WX320T】に関連する最新記事はこちら
【東芝】に関連する最新記事はこちら
【PHS】に関連する最新記事はこちら
【W-OAM】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。